上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくユーレイルパスを持っていることだし、存分にヨーロッパを見て回りたい二人!

次に目指すはチェコ!ナルヴィクからチェコの首都 プラハまではおよそ3000㎞!!
だいたい日本縦断するくらいの距離でしょうか、24時間以上電車に乗っていました。

ということで、今回は列車特集してみますね!

ユーレイルパスを使うような列車(例えば国をまたぐような長距離列車や国鉄)は改札口がないことが多く、そのかわり車内で切符の確認をします。
駅に入ったら、うっかり切符がなくてもそのまま電車に乗り込めちゃうかも。乗車口に駅員さんがたっていることもあるけれど。
         IMG_4092_20130927162736ac7.jpg
ちょっと近未来的な車内!?

具体的には切符だけみたり、パスポートの確認が必要だったり、「どこまで行くの~?」と聞かれたりその時々によって違います。それぞれの国での統一感もなかったような・・。EUの場合、列車で国境をこえてもパスポートにスタンプは押されないのでちょっと寂しいですね。

続きまして車内の様子・・

1等席
    IMG_4199.jpg

2等席
    IMG_5783.jpg

    IMG_3682.jpg

寝台列車
         IMG_3650_2013092716272776f.jpg

普通席=2等席という感じで、1等席がない列車もよくあります。(3等席というのはみかけませんでした)自由席も予約席もごっちゃなので、座席の上にプレートやデジタルモニターがあって、予約席と書かれていたり予約者の乗車区間が表示されていたりする。
一番困るのは、何も書いてないけど予約席だったというパターン。

大荷物を持っている私たちにとって、狭い車内を移動するのは大変。座ったと思ったら次の駅で「そこ予約席なんだけど・・」ってなると、「ごめんね~」って謝りながら乗り込んでくる乗客の隙間を縫うように新しい場所を探す。だけど新しい席も予約席なんじゃないかと思うと落ち着いて座っていられない。
クリスマス時期だから特に皆荷物多いし、席も空いていない。でもどの国もせかせかしていないし、大きい荷物だったら誰かが手伝っていたり車両と車両の間のスペースでギター弾いて歌ったり自由な感じで楽しかったです。
    IMG_3741.jpg  IMG_3739.jpg


コペンハーゲンからドイツに行く時だったかな、電車ごと船に乗ったときは驚いた!!
その間は船内の食事スペースとかでゆったり過ごせるんだけど、スケールが大きいね~!!


つづく。
スポンサーサイト
2013.07.15 オーロラ
さて、“思い立ったら即行動!”の私たち。

ユーレイルパスのおかげで、ノルウェー ナルヴィクに楽々到着!
こちらもキルナと同様、気温は氷点下。

風もないのでジーパン・ダウンジャケットで乗り切れます!興奮気味のせいか、全く寒く感じません(*゚ー゚*)っ
IMG_3687.jpg
手袋と帽子は必須ですが。

今回泊まったホテルの従業員も、オーロラは珍しくない様子で「見られたらいいね~」という感じ。

今度こそっ!と鼻息荒く夜空を眺めるのですが・・・そう簡単に現れてくれませんでした。
1時間たっても2時間たっても(ノ_-;)
IMG_3720.jpg
ホテルの周辺。スキー場が近くにあります。

ガッカリしてホテルに戻ろうとしたとき、イギリス人夫婦が「あっちでオーロラみられたよ~」って帰ってくるではありませんかっ!「でも光が弱くてもう見られないかも~」なんて言葉を背にうけながら町はずれの小さなハーバーに向けてダッシュ!!
道は滑るし、何年かぶり(十何年?)に全力疾走するから、速いんだか遅いんだか。
IMG_3714.jpg
手作りの夕飯でエネルギー補給はバッチリ!

でも、あわーい柔らかなグリーンのオーロラが見られたんです!光がやわらかいって変な表現かもしれませんが、軽くてふんわりしていて少し温かみすらあるんじゃないかと思えました。帯状のような立派なのはお目にかかれませんでしたが・・。


翌日、イギリス人夫婦にお礼を言って彼らもオーロラを見に1週間くらい北欧を旅してるけど、なかなか見られないんだって。
旅の出会いに感謝!

この先の旅も何かいいことが起こりそうだy(^ー^)y

IMG_3695.jpg
ノルウェーのスーパーで見つけたお米!その名も“GEISYA 芸者”だって。しかもバター風味!
目立つところに陳列されていたから、きっと人気か一押し商品なんだろうな・・o(´^`)o

オーロラの写真なくてすみません。

つづく。

皆様、お久しぶりです!

ブログの更新を怠ってしまい、申し訳ありません・・m(_ _)m

実は旅行を終え、二人とも無事に日本に帰ってきました!!
やっぱり日本は最高だなぁ~と感じつつ、楽しかった世界旅行の記録をしっかり残していきたいと思います。

さて、ヨーロッパは鉄道で旅行することに決めた私たち。
スウェーデンでユーレイルパスを購入しました!
このチケットを持ってさえいれば、EU諸国を自由に鉄道旅行ができます!
(色々と制約もありますが、期間内1stクラスや2ndクラスの列車に乗り放題)
まずは北上して、オーロラを見に行くことに。もうドキドキ・ワクワクです!
      IMG_3639.jpg
ヨーロッパはドーム型の駅がほとんどです。


電車はクリスマスシーズンでとても込み合っています。でも窓の外にはフィヨルドを初め雪に包まれたのどかな北欧の風景がひろがり、眺めているだけであっという間に時間は過ぎてしまいます。
IMG_3656.jpg
北欧でオーロラを見ると言ったら、スウェーデンのキルナか、さらに北のノルウェーのナルヴィクが有名。まずはキルナに向かい、ドキドキしながら夜を待ちます。


IMG_3660.jpg
午後3時でこの暗さΣΣ(゚д゚lll)


      IMG_3661.jpg
なんかグラマー。(〃ω〃)

キルナではホテルや街中でオーロラツアーの看板が見受けられるので、その場で申し込むことができます。
その日は早めに休んで、夜になり空を見上げてみました。が、曇っていてオーロラを見ることできませんでした。
ホテルの従業員の方からは「見えるときはホテルからでもよく見えるよ~」と。
つまりは運ですよ、運。
IMG_3676.jpg
辺りは真っ白!

部屋に戻り、天気予報やオーロラ情報を調べたところ、今週キルナは曇りだとか。
さらに北のナルヴィクは、ここよりも天気が良さそう・・とのことで翌日はノルウェーに向かって出発!
この気まぐれな感じで旅行できることが、ユーレイルパスのメリットですね!

さらに北へ針路をとり、はたしてオーロラは見られるのか・・・。
つづく。
2013.03.26
やってきました、ヨーロッパ!
スウェーデンのマルメ―の近くでホームステイした後は、ストックホルムへ。

海に面していて綺麗な時計塔があって、石造りのきれいな街並みといったら皆さん何を想像されますか?
魔女の宅急便で舞台となった街「コリコ」を連想された方もいるはず!

そう!ストックホルムは「コリコ」のモデルの1つだったんです。確かに雰囲気がにている。

      IMG_3599.jpg

わかりにくい写真ですみませんΣ( ̄ロ ̄lll)


IMG_3463.jpg

そしてクリスマスシーズンのため、マーケットがでて街にはイルミネーションが。
IMG_3619_20130325171025.jpg IMG_3610_20130325171022.jpg
チーズ屋とソーセージ屋。


IMG_3615.jpg
子供から大人まで楽しんでいて、とても賑やかでした。

      IMG_3614_20130325171023.jpg
絵本にでてくるようなキャンディーが売ってました。

IMG_3626.jpg
雑貨もたくさん売っていて

      IMG_3625.jpg
こんな風に足取り軽やか(?)になりました♪ヽ(*´∀`)ノ


つづく。

      
2013.03.17 ビクトリア
NYの次はビクトリア!
カナダの西の果てにあるバンクーバー島の南に位置します。大陸を東から西に大移動です。こちらも海沿いで美しい街です。ホエールウォッチングができるんですよ!
昨日はシャチが飛び跳ねていたとか。
IMG_3014.jpg



海沿いということは、新鮮なシーフードが食べられる!ということで、何件かあったオイスターバーに行ってみました。

IMG_3031.jpg

この店は5~6種類のカキが並んでいて、金曜日の夕方はなんと1個1カナダドル!


IMG_3017.jpg

海上にはセスナが数基泊まっていて、タクシーみたいに使う人がいるのだそうです。
そういえば、スタンレー公園でも同じようにセスナをみかけたな。


ハーバーに凛と直面しているホテルThe Fairmont Empress 宿泊客じゃなくても中のカフェを利用できます。
ラグジュアリーщ(゜ロ゜щ)って感じでした!
IMG_3025.jpg

今日は博物館に行って、少し歴史を勉強。様々なトーテムポールや仮面が見られ、カナダの北西沿岸先住民に関しての展示が充実しています。太古の生活様式から近代化が進んでからの生活の様子も再現してあり大変興味深いものでした。


さあ次は、いよいよヨーロッパ大陸に向けて出発です!
北米も南米もまだまだ行きたいところだらけ!

旅をしたらその土地を知れると思っていた。だけど実際はもっと知りたくなって、また行きたくなった。これが旅のおもしろさなのかなぁなんてY⌒ヾ(*´∀`)ノ例えば、お互い言葉が通じなくてもジェスチャーで分かり合えたときとか、各国のイケメン・美女に出会ったりとか、親切な人に巡り合ってジィーンときたりとか、すごく美味しいもの食べたり飲んだりとか、すばらしい景色を目の当たりにしたりとか。
たくさんの人の旅行記にそういったこと書いてあって、そういうものだと思っていたけど知識よりも体験して思い出になったほうが旨味がある。思い出したときに頭の中にジワ~って広がる感じ(´ー`)y─┛~~
知識だけだとそうならないからさ♪


      IMG_3021.jpg
なんか、旅の締めくくりみたいなコメント↑
実はこの時点で旅の予算のほとんどを使いきってた~♪ヽ(^^ヽ)♪(/_ _ )/♪


・・・つづくかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。