FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて念願のマチュピチュに向けて出発!
クスコから電車で、もしくはオリャンタイタンボという駅までミニバスに乗りそこから電車で、マチュピチュのふもとにあるアグアスカリエンテス(マチュピチュ村)まで行きます。そこまで行くのに、クスコからだと半日以上かかるので今日は移動日です。
IMG_1601.jpg
地元の小学生たちが民族衣装をきて、私たちと同じ列車に並んでいました。林間学校かな。

さて9時頃バス停に到着すると「オ~リャンタイタンボ~、オ~リャンタイタンボ~!!」と力いっぱい叫んでいる人が。朝8時から15分おきにでているというバスに乗りこみ、待つこと20分。15人ほど乗れるバスには私達のみ。インターネットで、バスがいっぱいにならないと出発しないと書いてあったので気長に待つことに。待つこと40分…「いつ出発するの?」と聞いたら「後10分で」と返事が。バスの上に荷物を積んだりして10時を過ぎたころ数人乗車。10時20分頃満員になってやっと出発しました。バスの中で待ち時間、計1時間20分。

ミニバスで揺られること1時間半。山道を軽快に飛ばしながら目的地に到着。しかし、道中きつかった。


夫婦そろってセビーチェにあたったようです(´Д`|||) 


ひどい吐き気と下痢。実は朝からその症状はでていたため、薬(といっても整腸剤)を飲んでおいたものの症状は悪化するばかり。オリャンタイタンボに到着と同時にトイレに駆け込む。ベンチにグッタリ座っていると、地元の男の子がお腹に頭突きを始める…。一緒に遊びたいけど、お腹に攻撃するのはやめて…。
IMG_1599.jpg
この後、お母さんにお叱りを受けていた。

オリャンタイタンボにも遺跡がありましたが、とても行く気にはなれず。ここから電車でマチュピチュ村まで行くのですが(チケットと確認のためパスポートも必要になります)道中を楽しむため、電車の席をファーストクラスにしてもトイレに駆け込むばかりで景色を眺める余裕はありませんでした。でも、電車内ではちょっとしたスナックやコーヒーがだされ、カーブの度に見える青い車体や周囲の景色はよかったです。万全の状態なら、遠足気分を味わえたことでしょう。
およそ2時間の旅もやっとの思いで到着しました。
IMG_1607.jpg
ぼやけてしまいましたが、ブルーの車体が素敵でした!

駅に隣接した土産屋をぬけると、宿の呼び込みの人がいたるところにいるので到着時間が遅くなければホテルは現地予約で大丈夫だと思います。だいたい、ダブルルームwifi付きで40~50ソレス/泊でしたよ。
IMG_1612.jpg
マチュピチュ村

念願のマチュピチュへは、さらにここからバスに乗って行きます。明日の朝5時にバスに乗って・・。今日一日何も食べていないけれど、ここまで来たら行くしかないという感じです。頑張ります!!

つづく。


Secret

TrackBackURL
→http://emopersonal.blog.fc2.com/tb.php/14-a5553f4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。